ハロウィンと言ったらかぼちゃ!プラスチックデザインアイデア8選

10月31日のハロウィンが秋のイベントとして市民権を得たのは最近のことですが、実はみなさん、そんなに詳しいことまでご存じないんじゃないですかぁ?

 

 

古くはケルト民族の新年である11月1日の前日に、死者の霊が家に帰ってくるという風習が起源とされていますが、現代では既に宗教的な意味合いは薄れ家族はもちろん町ぐるみで楽しむイベントの一つになっています。

 

 

こども達が思い思いのコスチュームで仮装をして、「Trick or Treak ! (お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と声をかけながら家々を回りお菓子をもらうのが風物詩。

 

 

そして忘れてはならないのはジャック・オー・ランタン!かぼちゃでできた提灯で本場では中にろうそくを立てて本当の提燈のように使います。

 

 

そんな気分を気軽に味わえるプラスティック製のジャック・オー・ランタンをいくつかご紹介します!



Sponsored Links


やさしいお顔もいろいろ♪お好みの表情で(^^

zak-oth-01966-004-2

出典:http://www.marblemarble.jp

 

 

もちろん本当はかぼちゃを買ってきて中身をくりぬいて表情を決めて、という工程を踏むのがいいのでしょうが、とりあえずオレンジ色のかぼちゃが日本では手に入りません(涙

 

 

かぼちゃは八百屋で買うものをお思いでしょうが、どうやら日本ではこの時期のオレンジのかぼちゃは野菜というジャンルではないみたいです。

 

 

大きな園芸店やお花屋さんに行ってみてください、小さめだけどそれは見事なかぼちゃが売ってたりします!

 

 

そしてその価格を見ると、あぁ食べちゃダメなんだなぁ、って思います…小さいのが300円前後、普通にランタンを作るイメージのサイズは5,000円とかしたりします(汗

 

 

今年はおウチでDIYで作るのはいかがでしょう?

 

SPONSORED LINK

 

 

ジャック・オー・ランタンnanoblock♪すてきぃ~っ

RIMG0969

出典:http://jimmyworld.blog81.fc2.com

 

 

オレンジ色の球体に緑のヘタが出ていると無意識にみかんを連想してしまうのは日本人だなぁ、と思う筆者なのですが(^^

 

 

だから調べるとフルーツカービングでみかんや柿などがジャック・オー・ランタンになっちゃってる写真がたくさん出てきたリスのですが。

 

 

決定的に違うのは、ジャック・オー・ランタンはあくまでランタンであって中から光を放つことが必須なのですが、その果物たちには難しいということです。

 

 

このnanoblockのジャック・オー・ランタンくんは口の中が蓄光ブロックになっていて、ちゃんと暗闇で光るんです!なんて素晴らしいんでしょう、感動します。

 

SPONSORED LINK

 

 

小さなランタンをたくさん集めても素敵

wakatsuki7-thumb

出典:http://kokata.alc.co.jp

 

 

ハロウィンが近くなるとお菓子業界はハロウィン一色になりますよねぇ、かぼちゃが好きな筆者としてはうれしいところですが皆さんはいかがでしょう。

 

 

小さなランタンに小さなお菓子を詰めて売っているものも見かけますよねぇ、可愛いお顔のものもあればちょっとこわいものもあってバラエティー豊かです。

 

 

中身はチビッコにあげちゃって(^^)小さいランタンをたくさん集めて一つのオブジェにするのはいかがでしょう。

 

 

中にLDEランプなどの発光体をセットしたらとってもあたたかいランプシェードにもなりそうです。

 

SPONSORED LINK

 

 

仮装用のコスチュームにもなる!かぼちゃになるハロウィン♪

boys_hw1835

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

チビッコは比較的簡単にかぼちゃになれちゃいますよねぇ、特にこの時期はオレンジ色のアイテムやクラフトグッズが巷にあふれてますから。

 

 

でも、なかなかおとなはかぼちゃにはなれませんよねぇ、でもせっかくだからチビッコとお揃いの仮装をしてみたい!

 

 

恥ずかしさとの間で揺れてるならとりあえずフェイスマスクだけかぼちゃしちゃうのはいかがでしょう?

 

 

これならしっかり違う自分になれそうじゃないですか?

 

SPONSORED LINK

 

 

お弁当の中身もハロウィン♪

41AwJzqXwkL

出典:http://www.amazon.co.jp

 

 

ハロウィンだからってかぼちゃを食べるって風習ではないみたいですね、本場は。かぼちゃをパイやケーキなどのして食べるのは翌月の感謝祭なんですって。

 

 

日本だってかぼちゃは当時に食べるものだったはずなのに、ホントに日本は輸入したものを日本チックにカスタマイズするのが本当に上手ですよね(笑。

 

 

パーティーメニューはグラス片手に軽くつまめるものがベスト!お弁当もこの日ばかりはかぼちゃのピックで演出したらチビッコたちは大喜びですね!

 

SPONSORED LINK

 

ハロウィンカラーのビーズでジャック・オー・ランタン♪

d0181458_821449

出典:http://bigmoa.exblog.jp

 

 

ハロウィンのアクセは、ともすると少しチャイルディッシュすぎちゃってちょっと…というおしゃれなおねえさま方も、ハロウィンだから盛り上がりたいけどそこまではちょっと…という場合はこちらどうでしょう。

 

 

ふわふわやモコモコももちろんかわいいけれど、ビーズやビジューを使ってキラキラでピカピカのかぼちゃでドレスアップするのもおすすめです(^^

 

SPONSORED LINK

 

 

Happy Halloween!!はやっぱりここからでしょ!

4580128025803

出典:http://item.rakuten.co.jp

 

 

ハロウィンがここまで一般的なイベントとして認知されたのにはTDR(東京ディズニーリゾート)やUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の貢献度が光りますよね。

 

 

クリスマスや夏休みなどとっておきのイベントシーズンに負けないハロウィン。

 

 

キャラクターの力を借りてかわいさと盛り上がりを格段にアップさせてみましょう!

 

SPONSORED LINK

 

 

おウチで使える手作りランタンはいかが?

 

ペットボトルといえば手作りの優等生ですよねぇ、ホントに助かります(^^

 

 

ランタンだから中から光ってもらわないと困るけど、さすがに融けやすいから火は使えません!

 

 

そこでランプソケットを使用!ランタンとしての機能は完璧ですよ♪

 

SPONSORED LINK

 

 

まとめ

ジャック・オー・ランタンはもともとはカブの中をくりぬいてランタンにしてたんですって!アメリカに伝わってからかぼちゃに変わったのは、生産量が多かったからだとか(^^)ちょっとがっかりしたのは筆者だけでしょうか。

 

 

ちなみに発祥のスコットランドではいまだにカブを使っているそうです。

 

 

日本に輸入されてきたハロウィンというイベントは、日本人お得意のオリジナル化で日本に根付きやすいかたちに変化しながら認知度を上げています。

 

 

それぞれの家庭でそれぞれのハロウィンを作って楽しむために、それぞれが思い思いのジャック・オー・ランタンを作ってしまっていいと思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です